屋根のカバー工法

屋根のカバー工法

「カバー工法」は、既存の屋根材の上に新しい屋根材をカバーして行なう屋根の修理方法です。

古い屋根材を撤去することなく行うので、工事期間も短いのが特徴です。

古い屋根材を撤去しないため、屋根が重くなり、建物の寿命も短くなることから、結果的に修理費用が高くなるデメリットもあります。